« どうなの? | トップページ | 7月クールのドラマ、初回の感想。その2。 »

2004.07.12

7月クールのドラマ、初回の感想。その1。

7月クールの連ドラもそろそろ出揃いましたね。
まずは初回の感想なんぞ。月→土の放映順で。

■東京湾景
「わんけい」って一発で変換できないんすけど。
やっぱダメそう。仲間ちゃんの相手役の和田くんが、キツい。
あの書道が彼自身の作ならちょっとはポイントがアップしますが。

■ウォーターボーイズ2
前作がよかっただけに、不安がありましたが、
いいじゃないですか〜。
市川くんはやっぱ滑舌が苦しいですが、
今までの役と違って「いまいちくん」な感じがかわいい。
それにしても、小池徹平くんがおネェキャラなのー?
ピンクの手作り風バッグがナイスではありますが。

■君が想い出になる前に
なんか聞いたことあるようなタイトルですが。
落ち着いた演技の観月ありさがいい感じで。
加藤あいは特に何かたくらんでるわけではないんですね。
玉鉄くんに横恋慕ではあるようですが、
基本的には奈緒を慕って尊敬してるみたいだし。
玉鉄くんは髪がちょい長すぎるのと
仕事モードの時のメガネがいまいちかなあ。

■ラストプレゼント
こんなタイトルの韓国映画がありましたっけ。
…置いといて。
前クールの「リコベン」とキャストがかぶるのは若干厳しいですが、
蔵さまスキーとしては要チェキです。
でも、天海祐希の役が本人のキャラとはあんまり合ってないような。
前回がハマってただけに。
娘役のコは、予告で見たときに「どっかで見たぞー」と思いつつ、
誰だったか思い出せずにいたんですが、
どこかのサイトで「QUOQのCMで“ゆうこちゃん” をやってたコ」とあったので、
なるほどー、と。
ドラマのほうが幼く見えるかなあ。
要潤はお料理シーンがあって、本領発揮って感じですね。
(ホントにお料理が得意で、女性週刊誌で連載持ってたくらいだし)
今のところは、要潤がいちばんオイシイ?

ここでいったん切ります。

|

« どうなの? | トップページ | 7月クールのドラマ、初回の感想。その2。 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40108/953358

この記事へのトラックバック一覧です: 7月クールのドラマ、初回の感想。その1。:

« どうなの? | トップページ | 7月クールのドラマ、初回の感想。その2。 »