« 大人買い@火消し屋小町、他 | トップページ | こうさぎの名前が全角表記対応に! »

2004.07.28

柳楽優弥@「徹子の部屋」。

今、日本で一番有名な中学三年生のひとり、柳楽優弥・やぎらゆうや くん。
昨日の「徹子の部屋」 に出てましたね。

職場の後輩ちゃんの予想通り、後半は是枝裕和監督が保護者のように同席してました。
年齢から考えたら父子といってもおかしくない感じですものね。

実際、番組で柳楽くんは緊張しているというか、どうしていいかわからないというか、
所在なげに、しきりに右側の襟足の髪をさわりつつ、
黒柳さんの質問になんとかかんとか答えてました。
普通の15歳少年として可能なかぎりがんばってたと思います。
でもまあ、黒柳さんもああいうしゃべりだし、で
あんまり要領を得ないところも…(笑)。

是枝監督が出てきてからは、柳楽くんもちょっと安心したようで、
すっかり監督にしゃべりは任せてました。
そのほうが、見てる側も安心ではあるんですが。

是枝監督のお話は、ほぼNHKの「スタジオパークからこんにちは」
の時とほとんど変わりなく
(そりゃあ、くだんの映画 「誰も知らない」の話が中心なんですから)
淡々と、それでいて優しげに話してました。

私自身は是枝監督作を実は今まで観てなかったりするんですが、
今回の「誰も知らない」はぜひ観に行きたいですね。

柳楽くんは、「クニミツの政」で気になって、
前クールのドラマ「電池が切れるまで」でも注目してました。
「クニミツ」は去年の夏(7-9月)クールで、
順番からいうと「誰も知らない」の撮影後に撮られたようです。
「クニミツ」の時はちっちゃいけど声が低くて
目に力があって、気になるコだなあ、という印象。
もちろん、当時中学二年生ですから、そんなに大きくはなかったでしょうが、
改めて考えてみたら、柳楽くんがちっちゃいというより
周りがデカかっただけかも…。
押尾学、伊藤美咲、大杉漣、佐々木蔵之介、古田新太…。
上原美佐だって166センチといったら女の子としては大きいほうだし、
横山めぐみも160センチだし。
小柄だったのはマギー(男性としては、ですが)と山内菜々ちゃんくらいですね(笑)。
あの時は、(菜々ちゃんを除き)家の中では一番年下だけど、けっこうしっかり者
でクニミツに意見したり、クールに周りを見てたり、という役。
「電池が切れるまで」の時は、小児病院にいるにはギリギリの年齢
な設定だと思うんですが、自分より年下のコの面倒を見たりして
「誰も知らない」とちょっとカブるような感じもありますね。

「徹子の部屋」では、これから受験に向けて勉強する、と言ってたんですが、
新作映画「星になった少年 Little Randy and Shining Boy」 の主演が決まったそうで、
そのための訓練も夏休みから始まるらしいです。

日本一有名な中学三年生のひとりである柳楽くんは、
日本一忙しい夏休みを過ごす中学三年生になるのかもしれませんね。

|

« 大人買い@火消し屋小町、他 | トップページ | こうさぎの名前が全角表記対応に! »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40108/1071061

この記事へのトラックバック一覧です: 柳楽優弥@「徹子の部屋」。:

« 大人買い@火消し屋小町、他 | トップページ | こうさぎの名前が全角表記対応に! »