« 井之上隆志さんが出てたのねえ、「1954のホテルライフ」。 | トップページ | SPドラマ「タイガー&ドラゴン」。 »

2005.01.12

「劇団演技者。」の「ビューティフル・サンデイ」。

ついにあの名作が、「劇団演技者。」に登場!
なわけです、小劇場系舞台好きにとっては。
ふだんはこの枠を見てない観劇友達も、
そろって反応してました。

私自身は、舞台版は2000年の初演しか観てません。
今はすっかり山南さんとして人気の堺雅人さんが出てた時です。

ある朝、男が目覚めてみると、
ベッドの隣には、下着姿の女が。
あわてて追い返そうとする男。
なんやかやと居座ろうとする女。
女は、以前、この部屋に住んでいたらしい。
やがて、男の同居人である画家の卵の青年が帰宅。
女と青年は、なぜか意気投合し…。

テレビ版のキャスティング、実はちょっと不安でした。
舞台版との比較は
男=秋彦………小須田康人/鶴見辰吾
女=ちひろ……長野里美/西田尚美
青年=浩樹……堺雅人/三宅健(V6)
(男の母……−−−−/銀粉蝶)

でもねー、三宅くん、かわいい!(笑)
というか、タイトルバック(というのか、CM前などに出る、
ソファに座った3人の映像)では
かなりオトナな顔つきになってて、「うむ?」と思って見てると
いざ劇中では、キャラに合ってるのか、
ちひろとのやりとり、表情がかなりいいんです。
西田尚美ちゃんも、ヘアスタイルが長野さんっぽい
(あくまでも、個人的な印象ですが)せいか、
違和感ほとんどなし。
過去によくあったキャンキャンした感じのセリフ回しでもないし、
いい感じでした。
鶴見くんも悪くない。
声質として、小須田さんはやっぱり舞台な発声なので
映像だと強すぎるきらいがありますが、
鶴見くんは映像のひとですから、
このテレビ版ではこちらも安心して見られます。

初回での印象は、「おおーっ(感心)」。
なんだかあっという間に終わっちゃって、
「え。もう終わり?」って物足りないくらいでした。
ラストを思うと、今からすでにちょっと哀しいんですが
来週以降も楽しみですねえ。

|

« 井之上隆志さんが出てたのねえ、「1954のホテルライフ」。 | トップページ | SPドラマ「タイガー&ドラゴン」。 »

「ジャニーズ」カテゴリの記事

「映画・テレビ」カテゴリの記事

「演劇・舞台」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40108/2548931

この記事へのトラックバック一覧です: 「劇団演技者。」の「ビューティフル・サンデイ」。:

« 井之上隆志さんが出てたのねえ、「1954のホテルライフ」。 | トップページ | SPドラマ「タイガー&ドラゴン」。 »