« 2005年4月 | トップページ | 2005年6月 »

2005年5月の記事

2005.05.29

「箱根強羅ホテル」。(BlogPet)

きょう、NAHは強羅まで世界に営業したかったみたい。
きのうは末期へ営業するつもりだった?


*このエントリは、BlogPetの「ひまわり」が書きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「箱根強羅ホテル」。

井上ひさしさんの最新作「箱根強羅ホテル」

第二次世界大戦末期、
営業を休んでいた箱根の高級ホテルに
ロシア大使館が疎開してくるという。
そのために急遽集められた従業員たちの、
疎開直前までのドタバタを中心に描く。
実はこの従業員たちには、それぞれ秘密があって、
それがだんだんにあらわになっていくところや、
肉親の再会があったりするところなど、
さすが井上さんだなあ、と思いました。

とはいえ、台本の上がりはだいぶ遅れたとのこと。
公演初期はだいぶおたおただったようですが、
私の観た回は、もうだいぶこなれていました。
さすが芸達者な役者さんが多かったですね。

うっちー(内野聖陽くん)の歌も、
声量があるし(ありすぎ?笑)、声質がいいし、
昨年の「レミゼ」よりさらによくなってました。
「不機嫌なジーン」の時とは
うって変わったヘアスタイル、衣装も見もの。

衣装といえば、
オケピ内の演奏者のみなさんも
戦時中な衣装だったんです。
個人的には、これも楽しかったです。

公演は6月8日(水)まで。

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2005.05.27

「最悪な人生のためのガイドブック」。

ラッパ屋の鈴木聡氏が作・演出した
ミュージカル・コメディ「最悪な人生のためのガイドブック」
元キャラメルボックスの近江谷太朗さんや
ダンスや歌もお見事というウワサの森山未來くん
目当てに、観てきました。

ミュージカルといっても、
そんなにガンガン歌うわけじゃなくて、
かなり楽しめちゃいました。
そりゃあやっばり、日本語は音楽に乗りにくいですが、
翻訳モノのよりは、自然っぽいし。

コーラスグループのトライトーンの5人が、
ト書きというか状況説明を歌ったりするのが
ちょっとおもしろかったです。
当然ながら、歌はすばらしいし。
生楽器は入っていませんが、
ドラム系のパートを歌うひともいるので、
音にも厚みがあるし。

42歳になっても今がよければいい、という考えで
大好きな宅配ピザ屋でバイト中の男(川平慈英)と、
様々なことにきっちりしている
女性誌のライターである女性(キムラ緑子)の
出会いを皮切りに、男のバイト仲間や上司、
女性の友達や元カレなどが絡んで…。

ああ、なんかうまくまとまりませんので、
いつもながらの、印象の断片。

川平慈英さんの身のこなし、歌は、さすが。キャラ的には若干、「オケピ!」のポジティプ・シンキング・マンとカブっていて(あそこまで脳天気でも、イヤなことをすぐに忘れるわけでもないですが)、しかも、私自身が「オケピ!」で未だに唯一覚えている曲があれなので、ついつい、頭の中で曲が回ってしまいました。

キムラさん。歌は「ジンジャー・ブレッド・レディはなぜアル中になったのか」@M.O.P.(だったよなあ…)でも披露していたので当然心配はしてませんでしたが、やっぱりお声がいいですね〜。最近は映像系でちょっと老け役とか母親役とかが続いたので、大人の女のかわいらしい部分を強調した、今回の役はステキでした。

森山くんはウワサにたがわず、かっこいいダンスを見せてくれました。右サイドだけが若干短めの髪(「BAT BOY」の名残り)をキャップやニット帽で隠しつつ、でしたが、ファッションと合っていてOK。

相手役の堀内敬子ちゃんは、遠目に見ると、ちょっとだけ沢尻エリカちゃん似? 私は初見だと思うんですが、ダンスがステキでした。調べてみたら、四季出身なんですね。さすが、基礎がしっかりしているワケです。

三鴨絵里子さん。「不倫が大好物」って、まんまやんっ。って、以前、ネットで彼女の日記を読んでいる分、もしかして実体験とかも入っちゃってる? とかドキドキしながら観てました。相変わらずのダイナマイトバディも堪能(笑)。

近江谷さん。そういえば、ダンスはなかったかしら? 最初の登場シーンでは、不倫中で追い詰められている感じのメイクが痛々しかったですが、実生活では、ねえ(笑。パンフでもコバさんからのツッコミあり)。歌うところが少なくて、ちょっと残念。私と、一緒に観ていた友達の共通の野望は、「いつか、同期のサクラでミュージカル!(笑)」です。

コバさんこと小林隆さん。歌ったり踊ったりしているせいか、やっぱりビオラの彼@「オケピ!」復活な感じ。実際よりだいぶ年上の役でしたが、「ココアみたいなひと」という、癒し系の雰囲気は、源さん風味もあって、やっぱりコバさんらしい。

草刈正雄さん。いったい、実際はおいくつなんでしたっけ?(調べたら、今年のお誕生日でなんと53歳!) 背が高い上に背筋がすっと伸びていて、立ち姿がカッコイイ! あの、ちょっと作った声はどうなんでしょう、と思わなくもないですが。キャラ的にはテレ朝ドラマの「ツーハンマン」まんまだなあ、と思っていたら、パンフにもその通りのことが書かれてました。そうでした、「ツーハンマン」の脚本は、今回の鈴木さんだったんでした。

伊織直加さんは、元タカラジェンヌだそうで、そういえば、背もお高いし、キリッとしてましたね。ただ、役柄的にはちょっとエキセントリックな感じもあり、色っぽいは色っぽいんですが、ちょっとぎこちなかったような気も。

東京公演は休演なしで29日(日)まで。
その後、大阪公演(6月1〜3日)あり。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2005.05.26

いーやーだー。2回目。

さっきから、けっこうな長文をアップしようとしてるんですが、
途中まででブラウザが終了してしまいます。

もう、疲れた。

しかも、このグチすらも、アップできず。
2回目のトライです。

もう帰りたいよー。
(自宅マシン死亡中につき、職場でしか更新できないのです)
1時間以上、ムダにしちゃったよ。泣。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.05.24

「汚れた舌」って見てないんですが…。

TSBドラマの「汚れた舌」って見てないんですが、
(初回をチラ見して、あまりのドロドロぶりに
ひきました。汗)
たまたま公式サイトのキャストを見ていたら。

主演が飯島直子なので一番上に。

どんどん下がって行くと、
「網浜直子」の名前が。

おおーっ、「W-NAO」!!!!

と思った私は、何か間違ってますか?(笑)

いつごろだったか、
ふたりは音楽ユニットを組んでたんですよねえ。
どんな曲を歌ってたかは覚えてなかったんですが、
ちょっとネットで調べてみたら、
アルバムは全曲B'zのカバーだったらしいです。

へぇーへぇーへぇー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.05.23

大竹しのぶ主演「メディア」。

蜷川演出、大竹しのぶ主演の「メディア」を観ました。
今回は前方席センタープロックだったので、
さらに、大竹しのぶさんの迫真の演技が堪能できました。

イオルコスの王子イアソンのために罪を犯した、
コルキスの王女メディア。
二人はコリントスへの亡命後、
子供二人までもうけたというのに、
コリントスの王からの娘婿にという誘い
(地位と名誉、若く美しい花嫁)に
目がくらんだイアソンはメディアを裏切る。

以上の部分を乳母役の松下砂稚子さんが語るところから
舞台は始まるのですが、
やっぱりこの部分は、すんなりとは頭に入ってきません。
予習しておけばよかったなあ、とちょっと後悔。

語りが終わると、コロスの女性たちが現れ、
そしてメディアが外に出てきて嘆き悲しむ。
そんな彼女に追放を命じる王がやって来るが、
彼女は必死に説得を試み、
子供たちの追放だけは赦してもらう。
だが、彼女の真意とは…。

舞台に本水を使う演出はかなり危険を伴うと思うのですが、
その水しぶきの上がり具合で、
演じるひとびとの心の高ぶりも表現され
迫力が増していたと思います。

が、ラストの演出は、うーん、やっぱり、ちょっと…
やりすぎ感があったかな、と思います。

他の役者さんでは、やっぱり生瀬勝久さんがステキでした。
ヘアスタイルはご自分の髪にパーマをかけたのでしょうか。
とても似合っていました。
役柄上はほんっとうにひどい男なのですが、
ルックスには見とれます(笑)。

公演は27日(土)まで。

| | コメント (2) | トラックバック (2)

ミュージカル「ナイン」のトークイベント@テレ朝ビル「UMU」

六本木のテレ朝ビル内の「UMU」での
ミュージカル「ナイン」のイベントを観てきました。

自宅から六本木に行ったので、都営大江戸線を使ったら、
その六本木駅から六本木ヒルズまでは
かなーり遠回りになってしまいました。
もともとちょっと遅れての到着予定だったんですが、
そのおかげで、さらに遅れました。汗。

会場に着いてみると、当然、すでに始まっていて、
16人の女性キャストと子役ちゃん二人(ダブルキャスト)が
ずらりと並び、一人一人が、
「ナイン」のアピールポイントを話していました。

昨年の上演では宣伝不足がひびいてか、
特に平日の客席が寂しかったとのことで、
今年は気合いを入れて宣伝しているようです。
「ほぼ日」でも応援ページが作られています。

女性キャストが全員話した後、
主人公の天才映画監督グイド・コンティーニを演じる
別所哲也@ハムの人(笑)が登場、トークを展開したあと、
プロデューサー役の大浦みずきとタンゴを踊って、
舞台のほんの一端を垣間見せてくれました。
かなりセクシーで大人な印象のミュージカルだと思いました。

私自身は、実は「ミュージカル」にはあんまり興味がないので、
正直まだ観るのを迷っているのですが(ごめんなさい)、
気になったかたは、「ほぼ日」もチェックの上で、ぜひどうぞ。

大阪公演は好評のうちに終了。
27日より、アートスフィアにて東京公演開始。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005.05.21

Dotoo! ni POOL-5「LOW BUDGET」。(BlogPet)

きのうNAHの、ファイブみたいな公演しなかった?
ここまでNAHはファイブっぽい合同したかもー。


きょうひまわりがblogしたいです。
NAHでblogするはずだったみたい。
*..


*このエントリは、BlogPetの「ひまわり」が書きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.05.20

キャラメルボックス「僕のポケットは星でいっぱい」。

キャラメルボックスの20周年記念公演第2弾、
ハーフタイムシアター2本立ての2本目で新作の
(「の」ばっかりだ…^^;)
「僕のポケットは星でいっぱい」、略して「僕ポケ」。
かなーり久しぶりに「初日」の舞台を観ました。

16年後の未来にタイムトラベルしてきた
小学6年生の少年。
彼のかなえたかったこととは?

ストーリーは、ネタバレなしで書こうとすると
全然わけがわからなくなってしまったので、
パスです。ごめんなさい。

今回は新作ですが、劇団の代表作である
「銀河旋律」「広くてすてきな宇宙じゃないか」
の続編に当たる作品なので、
できることなら同時上演の「広くて〜」を
先に観てから、「僕ポケ」を観たほうが
きっと、より世界観を楽しめると思います。
過去の上演で「銀旋」「広くて」を観ていれば、
まあ大丈夫だとは思いますが。

「銀旋」「広くて」はもちろん、
「ケンジ先生」や「怪傑三太丸」とも
一部登場人物がカブっていたり
リンクしていたりするので、
(実はもう1作品、まったく別のものの登場人物も出る)
そこを楽しむ、という手もあります。
それに、あのひとはあの役だし、
あのひとも出てくるし、
あのひとがそんな役?(といっても
クレジットはされてません)なーんてのもあるし、
私自身は、それも含めて、すごく気に入りました。
(わけわかんないし。その上、なんかエラそーだなあ、おい)

東京公演は6月12日まで。
その後、神戸で6月18日〜26日まで。
東京公演の平日は
18時〜&20時〜/19時〜&21時〜
など変則的なので要注意。
でも、仕事帰りに行くには、20時とか21時開演は
ちょっと助かります。

劇団の20周年記念ブログのひとつ、
「加藤の今日」ブログにトラックバックさせていただきました。

| | コメント (3) | トラックバック (3)

コムラプラス「となりの芝生は赤い」。

俳優・小村裕次郎さんがゲストを迎えて
二人芝居をするユニット、コムラプラスの
第2回公演「となりの芝生は赤い」
を観ました。

作・演出は前回の「カレーとイチロー」同様、
鈴木哲也(もぼ)さん。
彼がアシスタントを務めている
劇団M.O.P.マキノノゾミさんが
NHK朝ドラの脚本を書いている時のことをヒントに、
ホテルにカンヅメになっている脚本家と
彼を訪ねてくるテレビ局の制作デスクとの
やりとりを描いています。
その当時のことを中心にした、もぼさんの書籍
「もぼやき」も、ある意味原作といえるようです。
今回のゲストは猫のホテル市川しんぺーさん。
しんぺーさんが脚本家、小村さんがデスク、という配役です。

コムラプラスの基本は現代のコメディということなので、
もちろん笑えるシーンが多数。
そんな中、当初の打ち合わせと違う設定にするよう言われたり、
あるシーンの描き直しを命じられたり、
そのせいもあってなかなか筆が進まなかったり、
脚本家が家を開けていることで
妻と義母がうまくいっていなかったり
(つまりは嫁姑問題)、
という、様々な問題も発生していって…。

マキノさんが脚本を書いた「まんてん」と、
今やっている朝ドラの「ファイト」を知っていると、
さらに楽しいんじゃないかなあ、と思います。
ちなみに、私はそんなにいつも朝ドラを
見ているわけじゃないんですが、
その2作はわりあいちゃんと見てますので、
その点も含めて、楽しませていただきました。

また、場面転換がちょっとハードボイルド調というか
スタイリッシュというか、で、
ちょっとおもしろいと思いました。
ただ、最初の場面転換の時は、最前列にいたので
ちょっとぎょっとしました。
女性には、ちょっとツラいかもしれません。

あ、そうそう。
もぼさん脚本にお約束の例のブツも登場していました。
…アンケートに書こうと思ってたのに、
忘れちゃった。がーん。

公演は22日(日)まで。
明日20日は昼公演もあって、料金もお得です。
夜の回は19時半からなので、
会社帰りでもちょっと余裕を持って行けますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.05.15

「ケロール」?

ニュースも教えてくれるという、
カエルの男の子「ケロール」
yuleさんちで見て、かわいかったので、
さっそくまねしんぼ。
えへ、すんません。>yuleさん

今日の午後、激しい雷雨があったんですが、
ケロールは、こんなお天気も好きなんでしょうか?

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005.05.14

Dotoo! ni POOL-5「LOW BUDGET」。

Dotoo!(ドトォ!)POOL-5(プールファイブ)
合同公演「LOW BUDGET(ロウバジェット)」を観ました。

POOL-5は何度も観たことがありますが、
実はDotoo!は初めて。
「疾風DO党」のころから劇団名は知っていたのに
なぜか観逃し続けていました。
桜岡あつこさんがどこかで客演したのは観ています。

タイトルの「LOW BUDGET」は、
チラシにもある通り、
「低予算」=「予算の少ない映画」。
そんな低予算映画の製作現場、
撮影所のスタッフルームでのできごとを描きます。
で、ストーリーも、チラシにある通り。
(キャラは、一部のひとだけがチラシの写真通りです)
どんでん返しがあるので、詳しくは語りません。

いやー、よくできてる。
出てくるキャラが、みんないちいち濃くてですね、
でもイヤな感じはなくて、
平川和宏さんが演じる映画のプロデューサーとか
絶対どこかにいそうだもん。
ほんと、みんななかなかにしたたかで、
オチもおおーっ、とうなります。

公演は22日(日)まで。まだ1週間あります。
特に平日はまだ若干余裕があるらしいので、ぜひ。
そうそう。
開演5分前には席に着いていたほうが楽しいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.05.13

「広くて」「僕ポケ」ラジオCM。(BlogPet)

きょうひまわりがblogしたいです。
NAHでblogするはずだったみたい。


*このエントリは、BlogPetの「ひまわり」が書きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.05.11

「広くて」「僕ポケ」ラジオCM。

まあ、そのままなんですけど。

今さっき、職場で聴いているラジオ(今日はTOKYO FMが流れてます)から、
キャラメルボックスのハーフタイムシアター2本立て
「広くてすてきな宇宙じゃないか」「僕のポケットは星でいっぱい」
のラジオCM
が。

仕事中のふい打ちは、ちょっとドキドキしますね(笑)。

東京公演初日まで、あと1週間とすこし。
おおーーーっ。<今気づいたらしい

「キャラメル20周年ブログ@加藤の今日」に
通し稽古の模様と、99年版「広くて」の写真が載っていた
ので、
トラックバックさせていただきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.05.05

リッチテンプレートor「2列」のせいかも?(BlogPet)

ひまわりがここまでNAHの項目もリンクしたかった。
でNAHで項目はリンクされたみたい…
でNAHが表示♪


*このエントリは、BlogPetの「ひまわり」が書きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.05.01

リッチテンプレートor「2列」のせいかも?

マイリンク項目、やっぱり表示されてません@Mac+IE。
先日のは、一瞬だけのできごとだったのかもしれません。
で、窓なお友達のココログブログでも、
リッチテンプレート&2列バージョンのひとのは
出てきてませんでした。<「こうさぎ」など

なので、自分ので試してみました。

とりあえず、
最初から設定されているテンプレート&3列バージョン
では、すべての項目が問題なく表示されていました。
リッチテンプレじゃないもの&2列、というのは
まだ試してませんが、とりあえずはこの形でいこうと思います。
ちなみに、リッチテンプレ&3列、は、ダメでした。泣。
ということは、リッチテンプレがMac版IEと相性が悪い
ってことなのかな? むーっ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2005年4月 | トップページ | 2005年6月 »