« 2005年9月 | トップページ | 2005年11月 »

2005年10月の記事

2005.10.31

小市さんがミュージカルに!

いやー、びっくりしました~。

今年1~3月クールのドラマ「救命病棟24時」に
日比谷先生役で出演して一躍人気者になった
小市マン(慢太郎)さんが、来年上演されるミュージカル
「アンナ・カレーニナ」に出演なさるそうですー。
東京公演が最初で、大阪、新潟、仙台、広島、福岡、松本、名古屋
を回るそうです。

他のキャストは一路真輝さん、井上芳雄くん。
あら、ナイロン100℃の新谷(真弓)さんまで!
演出は、じてキンの鈴木裕美さんだそうで。

えーっと、小市さんも歌うのかなあ????
聴いたことない(はず)だからわからないんですが、
声は渋くてステキなので、ちょっと期待♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.10.30

あら、消えた。

今ごろ、とは思いながら9月終了ドラマの感想とかを
だらだらと書いていたら………、途中で消えました。がっくり。

あーあ、もうやだ。
なので、適当に分類だけ。

好きだったもの。
「がんばっていきまっしょい」「ファイト」

全話、または一応ある程度見たもの。
で、まあ気に入ったもの。
「海猿」「女系家族」「ドラゴン桜」

全話、または一応ある程度見たもの。
で、普通だったもの。
「電車男」

全話、または一応ある程度見たけど
いまいち納得がいかなかったもの。
「スローダンス」「おとなの夏休み」「いま、会いにゆきます」

ちゃんと見られなくてもったいなかったもの。
「女王の教室」

数話で挫折したもの。
「刑事部屋」「はるか17」

こんな感じですー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「歌わせたい男たち」。

二兎社の「歌わせたい男たち」を観ました。

卒業式当日の都立高校、保健室の中が舞台。
式で国家や校歌の伴奏をすることになった新任音楽教師の仲ミチルは、
元は売れないシャンソン歌手だったため、ピアノ演奏が苦手。
今日も早朝から登校して練習をしていたが
指が震えめまいに襲われてしまい、保健室で休むことに。
そこに、「君が代」斉唱に関して
それぞれの立場で様々な思いを抱える教師たちが
つぎつぎ保健室にやって来る…。

実際の教育現場でも起きていることを、
淡々とした語り口でコメディータッチにつづっています。

登場人物の誰にも、
いまいち感情移入をすることができなくて
(私自身が「君が代」に抱く印象と、どれもいまひとつ一致しないので)、
「遠巻きに」観てしまいました。

ラストはかなりじーんとくるんですが、
全体的には私の気持ちがついていけなかったのが、残念。

東京公演は11月13日まで。
その後、「全国ツアー」として長野・滋賀・大阪・岐阜・茨城・神奈川(橋本)・
愛知・新潟・東京江東区・宮城・神奈川(湘南台)を回るそうです。

先日、所用で辻堂に行ったんですが、
駅前にこの作品のポスターが貼ってあってちょっとびっくり(笑)。
「全国ツアー」最終公演・湘南台文化センター市民シアター用でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.10.24

ひさしぶりに、こうさぎの背景を設定。

今までも「こうさぎ」の背景はURLを指定していたんですが、
なんだかうまく表示されず、
デフォルトのグレーのままでした。

昨日、ふと思い立って、背景を作って設定してみたら、
なかなかいい感じに見えます。ふふ。
ったって、自分で撮ったデジカメ写真を
背景のサイズに切り抜いただけっすけども。

某ねずみーシーの人工湖?と夕日、なんですが、
湖の上で寝てる、うちの「ひまわり」、
ちょっと笑えませんか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.10.23

蔵さま、「県庁の星」に出演!?

テレビでやっていた「踊る大捜査線 THE MOVIE2」、
なるしー小須田さん、 蔵さまおーみやさんなどなど
わたし的におなじみの(笑)役者さんがたくさん出るので、
途中からでしたが、チャンネルを合わせてまして。

映画が終わって、「織田くんの次回作」として紹介された
撮影中の映画「県庁の星」。
撮影風景がちらっと写ったんですが、
キャストの中に、なんと蔵さまが!!!!!

あらーっ、こぉんな仕事もしてたのねえ。
蔵さま出演の映画というと「間宮兄弟」があるのは知ってたんですが、
「県庁の星」はノーチェックでした。
どんな役だろう??
織田くん(が演じる公務員)が発表をしていたあの場にいたっぽいから、
公務員仲間かな? それとも政治家かなにか??
織田くんの研修先のスーパー関係者?
なんにせよ、スーツ姿の蔵さまはいいっすねえ(笑)。

わーい。たーのーしーみーっ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.10.22

「バクマツバンプー ~幕末蛮風~」。

嵐の大野智くんが主演する、「プー」シリーズ第2弾
「バクマツバンプー ~幕末蛮風~」を観ました。
第1弾の「センゴクプー」は気がついたときには
チケットの一般発売も終わっていて観逃してしまい、
その評判を聞いてすごく悔しかったのです。
今回は、なんとかかんとかチケットを手に入れて、
やっと、舞台で魅力を発揮する大野くんを
目の当たりにすることができました。

いやはや、そうなんですよ。
ほんと、舞台映えしますねー、大野くん。
かっちょいいっすよ!!!!
動きのキレもいいし、演技も問題なし。

作・演出は TEAM 発砲・B・ZINきだつよしさん。
もともと、発砲の「ダンダラダンダンダン」でも取り上げていたという
「新選組は、実は吸血鬼の集団だった」というのを主題にした作品。
個人的に、たまたま、同じく吸血鬼を題材にした舞台
「ヴァンプ・ショウ」のDVDを観たぱかりだったので、
“吸血鬼ネタ”はちょっとツボでした。
いろいろ思い出すこともありましたし。

で、ストーリーは奇想天外ながらも、細かいところで
いちいちピタッとハマるネタが、すばらしい。
谷はやっぱりずるかったり、とか、
土方と近藤の最期は、今のところの最有力の説通りだったり、とか、
山南は女性と逃げようとする、とか、
沖田が血を吐く
(けど、理由は喀血ではない…というのはうまいひねりです)、
とか………。

発砲からの役者陣も、おいしいですねえ。
平野勲人(くんじ改め)さんなんて、ほーんとかっこいい!

かっこいいといえば、衣装。
新選組のだんだら羽織は、赤と黒できりりとして
人によって形が少しずつ違っていて、
それぞれの役者さんにお似合い。
大野くんのは短めのジャケット風で、
ベルトで留めた、その下の部分がけっこうたっぷり取ってあって、
回転したり側転したりするとふわりと開いて
これがまた、いいんですよぉ(笑)。

で、今までジャニーズ系のタレントさんが出る舞台だと、
主役のコと、周りの役者さんとが
いまいちなじんでない印象を持つことも多かったんですが、
今回は違いましたね~。
たぶん、きださんもノリノリで当て書きして
演出したんじゃないかと思います。
「センゴクプー」で大野くんの魅力をつかんで、
それをさらに見せるようなホンと演出に
なったんじゃないかなあ、と想像します。

ジャニーズファン向けの小ネタもあったみたいですが、
サービス過剰とは思わなかったですね。
あのくらい、いいでしょ。

最初にキャスティングされていた山本亨さんは
やっぱり骨折のために降板。
代わりに出たのは、 京晋佑さん。
小柄でエロエロ(下ネタ好き)の竜馬でしたけど(笑)
あのルックスでそうくるかぁ、って感じですよ。
去年は明治座で藤堂だったのになー。

あ。
武田さんも 工藤さんも 田口くんも、もちろんよかったですよ!

ちょっと期待していた 森田彩華ちゃん。
悪くはないんだけど、声も出てるはずなんだけど、
どうしてセリフが聞き取りにくいんでしょう?
ああ、もったいない。もうちょっとがんばれ!
面を付けていた時は、たぶん“スーツアクター”さん
ですよね。もんのすごい動きでしたもん(笑)。

そして、 有森也実さんは、
やっぱり一筋縄じゃいかない役でしたね。
一言でいうとラスボスでした。

そんなこんなで、かなり満足して帰ってきました。
ああ、まあ、カーテンコールのスタオベは
ちょっとどうかと思いますけど。
あんまり甘やかしちゃいけませんぜ。

それはそうと、カーテンコールの最後、
大野くんだけが出てきた時のアットホームぶりには
ちょっと笑ってしまいました。
いやあ、客席と普通に会話する大野くん、すごいです。
私が観に行った日は、たまたま、
大野くんがジャニーズ事務所に入った記念日だそうで、
(11年目? 丸11年? 調査不足、失礼)
「おめでとう!」という声も上がってました。

当日券の列は結構長かったようです。
まあ、ほとんどがジャニーズ(大野くん)ファンの
リピーターさんでしょうが。…みんな入れたんでしょうか。
…っていうか、普通の「芝居好き」にも、
もっと観せてやってくださいなーっ(笑)。

東京公演は23日(日)まで。
その後、大阪公演が10月29日~11月1日にあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.10.14

「クラウディアからの手紙」。

来年1月に東京・世田谷パブリックシアターで、
以降、全国で上演されるという舞台
「クラウディアからの手紙」
「公式制作日記(ブログサイト)」
最新記事は昨日の制作発表の模様です。
そちらにトラックバックさせていただきました)
蔵さま主演ということでチケットは手配済み。
まだ手元には届いていないので
「これから観る」には入れていないのですが。

原作は未読、テレビドキュメンタリーも未見。
なんですが、どうもマンガで読んだことがあるようです。
タイトルも、作家さんも忘れてしまったんですが。
それで一気に作品への興味が強くなりました。
近いうちに、原作を図書館で借りましょう。
(今は、昨日借りたばかりの2冊があるので、
ちょい保留)

で、公式制作日記を見ていたところ、
他のキャストさんも続々決定しているようです。
その中に、久松信美さんのお名前も。
舞台の久松さん(ドラマでたまーにお見かけしたり、
某駅ですれ違ったりはしてました。笑)は、久々だな〜。
楽しみが増えました。^^

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.10.09

ようやく更新、「これから観る」。

私の今後の観劇予定であるところの
「これから観る」。
(右サイドバーのわりと上のほうにいます)
もうすっかり予定を消化して、
次のチケットも少しずつ入手しているにもかかわらず
まったく更新をさぼっておりました。

そして今日、ようやく更新。
大変失礼いたしました。

こうしてみると、ちょっと少なくなってるな~。
チケット代がけっこうお高いのが響いてるかな。
11月なんて、まだ(まだ?)3本ですよ。あらま。
これから地味に増えていく、のか、なあ??

まだ入手できてなくてほしいのは、
みなさんそうでしょうが、 「12人の優しい日本人」
いくつかの抽選予約ではすでに全敗。
贅沢は言いません。
たった1回でいいんですよ。
初日や千秋楽が観たいなんてことも言いません。
仕事の都合上、できたら土日がいいなあ、
ってだけです。
チケットの神様(いるのか?)、
どうか願いをお聞き届けくださいませ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年9月 | トップページ | 2005年11月 »