« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »

2007年5月の記事

2007.05.31

池田市の「落語みゅーじあむ」。

先週土曜日、関西に行ったときに、この4月29日にオープンしたばかりの「落語みゅーじあむ」に行ってきました。

正式名は「池田市立上方落語資料展示館」。日本初、市立の落語資料展示館だということです。
池田市は大阪市の北側に位置する市で、池田を舞台にした落語もいくつかあって、上方の古典落語に大変ゆかりのある土地だそうです。実際、私は今年に入って、桂吉坊さんによる「池田の猪(しし)買い」を聴いています。この噺も、この施設でいろいろと紹介されています。
2階建ての建物は、もともとは池田銀行の建物だったそうです。

(↓以下2枚の写真は、現在の池田銀行)


1階はモニタ4台と掲示で、上方落語の歴史や特徴を解説。入って右側最初のモニタでは、桂米朝師匠、(三代目)桂春團治師匠それぞれのオープンに際するお言葉と、吉坊さんによるこの展示館の概要解説。
そしてその他3台では上方落語の特徴や落語の舞台になったお寺や神社などの解説(これは、発売中のDVD「落語笑笑散歩」上方編3本から再編集したもの)。

1階の一番奥には高座がしつらえられていて、4つの一門の羽織が自由に着られるようになっています。これを羽織って高座に座って、記念写真を撮影できます。上方の高座なので、見台など一式や、太鼓などの鳴り物も置いてありました。

2階はライブラリになっていて、CDやDVD、書籍などをその場で借りて見る(読む)ことができます。またパソコン1台では「ライブ繁昌亭」が見られます。

さらに、初代春團治師匠の部屋をイメージした「落語家の部屋」もあって、家財道具には差し押さえの赤い紙が貼ってあったりしました。ここには上がることはできませんが、写真は撮れます。



あまり時間がなかったので、駆け足で展示と映像を見て、2階のライブラリでDVDを1枚借りて、吉朝師匠の「平成紅梅亭」での「子ほめ」だけ聴いて、退出しました。

池田市じたい、いろいろおもしろい観光スポットなどが多いので、また機会を作って行ってみたいと思います。

| | コメント (0)

2007.05.23

熱海五郎一座「狼少女伝説TOH!!」。

熱海五郎一座「狼少女伝説TOH!!」を観てきました。
「Weeklyぴあ」のSRSによって、無事にチケットをゲットしての観劇。なかなか観やすいお席でラッキーでした。

そういえば、三宅さんを舞台で観るのは、もしや初めて!? SETが三百人劇場で公演をしてた時代から、名前だけは知ってたのに結局行きそびれてましたからねー。
この熱海五郎一座は「軽演劇を残していきたい」というコンセプトらしいですが、なんだかセットとかが微妙に豪華で(まず、「銀河劇場」という時点でなんか違う気が…。苦笑)、暗転での転換と緞帳前の芝居が多くて。また全体的にはアクションと歌とコメディーって、SETまんまじゃないっすか!?(観たことないから断言はできませんが)なにより、“狼少女”ってのもなにげに今更感満載。うーむ。

ここからネタバレします(文字を白くしています。読む場合はドラッグして反転してください)。実際に観るまで知りたくない、というかたはご注意くださいね!!!!!!

メインキャストが三宅裕司小倉久寛渡辺正行ラサール石井春風亭昇太東貴博、そして南原清隆の各氏。豪華だけど、その分、あまり見せ場のないひともいちゃってもったいなかったなぁ。

昇太さんは、最初の2シーンは出番なし。その後、ウザ系キャラで登場。一緒に観ていたのが昇太さんファンのお友達だったので「…このままこのウザキャラだったらどうしよう。この後、出番がなかったらどうしよう」とちょっと不安になっていたら、さらに別キャラで登場していじられまくり。あぁ、よかった(笑)。

二役なのは昇太さんだけだし、いじられまくりなのも昇太さんだけ。ほとんど素に近い状態(!?)でいじられるところもあって、昇太さんファンにはおいしい舞台ですね。

あ。
舞台上で昇太さんが使っていた茶色系のタオルは「ほぼ日やさしいタオル」でしたよ。2003年版の“モカ”。

公演は6月3日まで。当日券は毎公演出るそうです。

| | コメント (2)

2007.05.16

4月〜6月クール連ドラ、中間報告。

最近は落語を観に行っちゃうことが多くて、ドラマは正直かなりテキトーモードで見てしまってます。なので、かるーく中間報告など。

■「どんど晴れ」
ちょっとくくり違うけど、一応入れときます。見られなかったら見ない、な感じでゆるゆると見てます。東幹久の役が、ちょっとだけ「ホテリアー」とカブってるけど、ずる賢さは「ホテリアー」の勝ち。夏美役の比嘉愛未ちゃんは別に悪いところは、なし。夏美の婚約者(内田朝陽くん)の元カノ(なにげに豪華キャスト? モデルの相沢紗世ちゃん)が出てきて、どうなるか!?

■「プロポーズ大作戦」
挫折しました。

■「花嫁とパパ」
時任三郎のコメディードラマって、今まであったっけ? 2話目を飛ばしたまま見てるので、愛子と三浦くんの接近ぶりの速さに目をぱちくり(いや、自分のせいだから)。でもけっこう楽しんでます。

■「セクシーボイス アンド ロボ」
主演の二人がテレビドラマとしては弱い(知名度などの点で。映画で大活躍なのは知ってますよ)ものの、淡々と進みつつ、最後じんわり涙なギャップがなかなか。とはいえ、いつもけっこう流し見だったりして。汗。

■「鬼嫁日記 いい湯だな」
近江谷さん出ないしゴリそんなにすきじゃないし、「セクロボ」見てるし、で、パス。

■「バンビ〜ノ!」
マツジュンのバンビがかなりガキっぽいねー(笑)。かわいいけど。蔵さまのメガネは、今回のはあんまり似合ってないかなぁ。内田有紀ちゃん、私は別にイヤじゃないけど、あのドリカム状態(古っ)はどうよ!? バッカナーレに戻ってきたもののホール担当にされた伴ちゃん、どうする?

■「夫婦道」
初回だけ。見たらおもしろいと思うんだけど、「ホテリアー」を取りました。

■「ホテリアー」
上戸彩ちゃん目当てで。韓国ドラマもヨンさまもまったく興味なし。杏子は、副支配人といい感じかと思うとあかねとの仲を勝手に誤解して、今度は水沢と接近。副支配人も杏子も、自分の想いを秘めすぎだー。

■「わたしたちの教科書」
志田未来ちゃんが初回で亡くなっちゃってびっくり! 誰が悪いのか、何が本心なのか、どこに真実があるのか、わからないままに話が進んでいってますね。カンノちゃんが活躍できる余地はあるのか? つか元ダンナが河原雅彦さんってびっくり。しかも若年性認知症? って若すぎじゃないかしら。あの、一瞬正気に戻った(娘が生まれた時を思い出す)ところはかなりよかったー。

■「孤独の賭け・愛しき人よ」
ハセキョーだし問題外。につき、パス。

■「生徒諸君!」
内田理名かよー、と思いつつ。ちょっとナッキーじゃないよなぁ、あの喜ぶところとかの表現。ストーリー自体は原作にほぼ忠実なんだけど、ナッキーの立場が違っていたり(マンガでは現場経験3年ほどあり)、鉄仮面(=椎名桔平)との関わりが深すぎたり。ドラマではどのへんまでいくのかな?

■「特急田中3号」
これもけっこう流し見かも。でも、先週の花形くんと理子ちゃんが接近していく感じはかわいくてよかったねー。つか、紙ちゃん大出世!(そこかよっ)

■「帰ってきた時効警察」
相変わらず、ゆるゆるですねー。実は、前作にもそんなにはハマらなかったんですが、今回はもっと流し見してます。うーん。なんか、事件の解明部分とかが、うまく頭に入ってこないんですよね。オダジョもそんなにかっこいいと思えないし、三日月さんのボケっぷりだけを楽しみにしてる感じかな?

■「病院のチカラ 〜星空ホスピタル〜」
「喰いタン2」を見ないでこっち見てました。菊川怜はすきじゃないけど、病院ものはすきなので。そしてヒロインの役柄は菊川怜に合ってたしね。でも、元のタイトルの「星空ホスピタル」のほうがすきだなぁ。さんのブログによると、撮影の途中で変更になっちゃったみたい。うむー。で、先週で終了。

■「喰いタン2」
そんなわけで、パス。

■「ライアーゲーム」
2話目だけ見て挫折。つか途中からじゃ意味わかんないし。松田翔太くんの最初の髪型(ちょっと不自然な金髪?)、ヅラ?(笑)

■「風林火山」
別に春クールってわけじゃないですが。いやあ、なんで戦国時代ってこんなにわかりにくいんだろー。未だに誰が誰やら(立場とか敵味方とかね)。毎年見ててもわかんないよ。苦手な時代だなぁ。しょうがないから、うっちーとか蔵さまとか有馬さんとか田中幸太朗くんとか小市マンさんとか岡森諦さんとか………、数々のすきな役者さんだけ見てる感じで。

■「冗談じゃない!」
けっこうお気楽に楽しんでるかな。織田くんがあんな役ってのはアレだけど。そして大竹しのぶがややうざいけど(笑)。飯島直ちゃんがなかなかおいしい役、と思ったら、“特別出演”枠でした。

あと、時代劇系とかテレ朝の刑事モノ系とかはパスしまくりですね。

| | コメント (2)

「花緑落語『最後の一本』」。

キャラメルボックスの女優・脚本家・演出家である真柴あずきさんによる新作落語「最後の一本」と日替わりで古典一席を、柳家花緑さんが口演する企画。2日目と楽日に観てきました。

まずは2日目。
【番組】
古典「粗忽長屋」
ミニ・トークショー
 ゲスト:鈴木聡氏(ラッパ屋主宰・脚本家・演出家)
 飛び入り:笠井信輔氏(フジテレビアナウンサー)
(中入り)
新作「最後の一本」

まずは、予想外にテンションの低い感じでまくらを。「3と5と8の数字の組み合わせはとてもいいらしい」というようなエピソード。続いて古典の「粗忽長屋」。花緑さんの師匠でもある五代目小さん師匠の得意ネタだったそうです。が、自分の期待が「最後の一本」にいっているせいか、うまいこと感想が書けません。ごめんなさい。
いったん花緑さんが袖に引っ込み、高座用の座布団が片づけられ、高座の上に毛氈が敷かれ、座布団様の薄手のクッションとマイクがふたつ置かれたところで、着流し姿(着物は一席目と同じ、羽織を脱いだだけ)の花緑さんが登場。そして、一席目を客席でご覧になっていたトークゲスト、ラッパ屋主宰・鈴木聡氏登場。さらに、客席にいたフジテレビの笠井アナが急遽呼ばれて、途中から三人で進行。「とくダネ!」の“温故知人”(花緑師が担 当)のことやら、ラッパ屋さんの最新舞台「妻の家族」のことやら、その中に出てきた“スピリチュアル”“前世”のことやら、笠井夫人のことやら…で盛り上 がり。

そして、中入りを挟んで、待ちに待った「最後の一本」。

ですが、その前に千秋楽の模様も。
【番組】
古典「がまの油」
ミニ・トークショー
 ゲスト:森の住人・タヌキさん(林家正蔵師匠)
(中入り)
新作「最後の一本」

千秋楽の古典は「がまの油」。数日前の早朝寄席で聴いたもののいまいちで、この日は花緑さんだからとちょっと期待していたのですが、やっぱり前半の口上は聞き取れないところも多くて、「あれー!?」。うーん、やっぱりあの部分は難しいんですかねぇ。

続くトークコーナーのゲストは林家正蔵師匠。だったはずが、森の住人・タヌキさんでした(着ぐるみで登場)。なんでも、素では照れてしまって話せないことを話したいから、ということで、わざわざそんな格好で登場したそうです。肉親が師匠で名人だということで似た立場という二人、わかり合う部分も多いようです。話は、「花緑まつり」の後半、鈴本演芸場での花緑師による「子別れ〈通し〉」に及び、正蔵師匠がかつて2回、「子別れ」で泣いたというエピから、その期待のほどを語りつつ。なごやかに終了。(この数日後に、ご祝儀隠しが発覚するとは…)

さて、最後にまとめて、「最後の一本」について。
とても真柴さんらしい噺だったと思います。主人公は元No.1ホスト。ルックス最強というわけではなく、お客さんの話を聞くことに長けていることでNo.1を保っていた彼が、アブないところから借金してしまい、逃げている場面から噺が始まります。その主人公の名前だったり、いきなり猫との会話だったり、主人公が海に落ちて…となったり、童話になぞらえた元カノたちのとエピだったり、随所に真柴さんの味が。演出も照明や音楽を効果的に使っていて、かなり演劇に近い作りでした。サゲもほんのり心があったかくなるもので、新・人情噺といったところでしょう。花緑さんも好演でした。特に千秋楽のときは、噺の中に3回ほどタヌキさんが出てくるなど、さすが、と思わせられました。こんなアドリブは噺家さんならではでしょうね。さらにクライマックスでは涙を流さんばかりの熱演で、1時間を超える長講、満足でした。ただしひとつ気になったのは、上方の「地獄八景亡者戯」にほんのちょっと似た部分があったことですね。小ネタは違うんですけど。関東近郊でやる分には、気づくひともほとんどいないとは思いますが。いずれにしても、今後もかける可能性のある噺だと思いますので、これ以上細かいところを語るのはやめておきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.05.10

キャラメル「まつさをな」福岡公演開幕!

キャラメルボックスの春公演、時代劇「まつさをな」(“真っ青な”の旧かなづかい)。今日から福岡公演の開幕です。

演劇集団キャラメルボックス 2007スプリングツアー
「まつさをな」福岡公演←詳細はここをクリック
5月10日(木)〜5月12日(土)
【5/10 19:00 5/11 19:00 5/12 14:00】
会場:ももちパレス
料金:全席指定・税込み 5,500円

特に、今日・明日はまだまだいいお席が取れるそうです。
初めて、女優さん(温井摩耶さん)が本格的な殺陣に挑戦する、さわやかな青春時代劇です。ぜひ劇場で味わってください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.05.03

「サボテンの花」大楽と「昇太ムードデラックス」。

同じ4月1日。鈴本から新宿に移動して、キャラメルボックス「サボテンの花」大楽へ。座席はやや後ろ目。途中から、どんどん体調が悪くなってしまって、かなり記憶があいまい。いやはや。前日の強行スケジュール(そのマチネにもキャラメル観てます)にもかかわらず、この日も朝から落語を観たりしてムチャしすぎかも。一言挨拶は、二人分がどうしても思い出せないので、割愛。もし、篠田さんと安理ちゃんの分、覚えてるかた、いらしたら教えてくださいませー。(今さらかっ)

終演後は下北沢に移動して、「昇太ムードデラックス」。開演まで時間があったので、体調を快復させたくてリフレのお店に連絡するも、時間が合わず断念。カフェでまったりしていても、いまいちはっきりせず。結局、開演直前のいやぁな汗と生あくびを引きずって、前半はかなりしんどかったです。

【番組】
神田山陽(講談)「長短槍試合」
春風亭昇太「長命」
春風亭昇太「空に願いを」
(中入り)
春風亭昇太「崇徳院」

山陽さんはなぜか噛みまくりで、信長のキャラが変わっちゃってました。昇太さんの「長命」は、かなーり記憶があいまい。ごめんなさいー。で、噺が終わると名物・生着替え。帯を締めるところでかわいらしい仕草をして笑いを取ってました。メガネもお着替え。「空に願いを」は小学生男子とおじいちゃんの会話な創作噺。途中でなんとなく「愛宕山」な雰囲気だなぁ、と思った瞬間、土器(かわらけ)投げが! な楽しい噺。「崇徳院」はすきな噺。ただし、過去に聴いたのは上方版のみ。細かい違いがいろいろあって、でもその違いは江戸版全体のものなのか、昇太さん独自のものなのかはわからず。「みっちゅ(最初に「瀬をはやみ…」に反応する男の娘の年)」は昇太さんオリジナルかも。そんなこんなで体調万全でなかった初「ムードデラックス」でしたが、結果オーライ。楽しみました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.05.02

鈴本演芸場の「早朝寄席」(070401)。

ちょっと遡りますが、書けていなかった落語とか舞台とかのことを短めに。

鈴本演芸場の「早朝寄席」、4月1日に初めて行ってきました。

【番組】
春風亭栄助「生徒の作文」
柳家ろべえ「がまの油」
春風亭一之輔「長屋の花見」“毛氈”をかついだところまで
柳家三之助「長屋の花見」続きから

一之輔さんと三之助さんが「長屋の花見」リレー。三之助さんの「長屋の花見」は、今シーズン3回目。この“趣向”のためか、いきなり二番手を振られたらしいろべえさんがぼやくも、なんとなく柄に合わないような? 栄助さんは不思議なヘアスタイルだけど(よけいなお世話か!? 笑)、創作の噺は安定。見た目より年齢がいっているみたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »