« 「カレッジ・オブ・ザ・ウィンド」東京公演、ブログライター取材企画・芝居編。 | トップページ | 7月クールドラマ、はじまり〜。第2弾。 »

2007.07.08

「カレッジ・オブ・ザ・ウィンド」東京公演、ブログライター取材企画・インタビュー編。

※「芝居編」はこちらから。

終演後は劇場隣の「シアターテラス」に場所を移して、ブログライター40人限定(実際はもう少し少なかったですね)による関係者インタビュー。毎回、演出担当のかたと、ここ数回は役者さんも登場して、われわれの質問に直接答えてくださいます。この日は、集合した時点で「写真撮影不可」(これまでは、「カレッジ〜」制作発表会見以外は写真撮影も録音もOKでした)とのお達しがありましたので、きっとヒロインの高部あいちゃんも来てくれるのだと確信しました。インタビュー中の写真は、オフィシャルのものをご提供いただきましたので、掲載させていただきます。

さて、いよいよ開始。まずは成井豊さんが登場、

さらに少し遅れて加藤昌史さんがカメラを持って登場しました。

加藤さんは写真を撮るのがメインで、「昨日のミニ・トークショーでしゃべりすぎたから」と、この日はあまり話してませんでしたね。

質問は(ネタバレを含むかもしれません。そして順不同)
あいちゃんの声の出し方について(このままでは嗄れるのでは?)
■ダンスシーンの変更点について。
■舞台美術は(初演・再演同様、今は亡くなってしまった)キヤマ晃二さんのプランのままだが、それは最初から決めていたのか?
■初演は当て書きだったから、再演・再々演では演出しづらかったのでは?

このあたりで、出演者の大内厚雄さん、高部あいちゃんが登場。

特に、あいちゃんの明るく充実した表情に心奪われました。

さらに質問は続きます。

■大内さんへ。ギャグは成井さんの指示で? それともご自分で?


■あいちゃんへ。「カレッジ」がキャラメルの代表作だと知ったときにプレッシャーは感じなかったか?

■あいちゃんへ。特に仲良くなった劇団員はいるか?
■あいちゃんへ。制作発表のときと比べて、表情に充実感が出ているが?
■あいちゃんへ。初日と二日目、違いは感じたか?

うーんと、まだあったと思うんですが、テープ起こしする時間と気力がありませんので、ごめんなさい。回答についても、ネタバレがあったりするので割愛します。

質問に回答してくださった成井さんや加藤さんのお話にも出ていたのですが、あいちゃんはとても頭の回転の速いひとで、われわれの質問にも的確に答えてくださいました。それに、終始笑みをたたえていて、心から今回の舞台を楽しんでいることがうかがえました。わずか18歳とは思えない、“人間力”のあるかただなあ、と感動していました。そのことがうかがい知れたのが、今回の大きな収穫でもありました。すばらしい機会に立ち会わせていただいたことに感謝いたします。

そして全員の集合写真を撮影していただいて、解散となりました。(集合写真の掲載は、ごめんなさい)

最後に反省を。私も二度質問してしまったのですが、質問するひととしないひとが偏ってしまいましたね。質問できなかったかた、ごめんなさい。

|

« 「カレッジ・オブ・ザ・ウィンド」東京公演、ブログライター取材企画・芝居編。 | トップページ | 7月クールドラマ、はじまり〜。第2弾。 »

芸能・アイドル」カテゴリの記事

演劇・舞台」カテゴリの記事

俳優・役者」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。