« 20080905-20080907関西行き。2日目後半。 | トップページ | 桂吉弥独演会@国立演芸場。20080907。 »

2008.09.14

20080905-20080907関西行き。3日目。

おっと、前日のお天気を書き忘れてました。
朝のうちはすこし雲が出ていたものの、結局晴れ。雨に降られることもなく、折りたたみ傘はただの荷物になってました。

さて最終日。この日は夜、東京で桂吉弥さんの独演会があり、無事にチケットが取れていた私は、それに間に合うように帰京予定。ほかのお二人とは午後から別行動になります。

ホテルで朝ごはん・身支度をすませ、いくたまさん再び。 前日に酔っ払いつつ待ち合わせ時間を決めていたので、お友達ふたりから確認メールが(笑)。はい、扇納祭にご出席なさるという三代目桂春團治師匠を拝見すべく、10時には会場入りするための待ち合わせ時間は、その通りです! でもみんな路線や方向が違うので、待ち合わせの改札が違ってたりも。それでもおひとりと無事に落ち合ったところ、もうおひとりが遅れるというので、先に私以外の4人が見る奉納落語会のチケット取りに、代理で並びます。まだ、数人しか並んでいませんでした。ほっ。

その行列中に、 扇納祭にご参加の噺家さんたちが目の前を通過。らっきー。
R0010716_3 R0010719
R0010736 R0010737





もちろん三代目も至近距離で拝見することができました。その後、遅刻のお友達、前日にお世話になった関西組のおひとりとも無事に合流。

この日は朝からいいお天気で、行列中は陽射しが強くてぐったり。
Pap_00170809072_2 Pap_00150809071_3 夜の部の分のチケットも合わせて買えるかどうかで少し悶着があったものの、無事にチケットを購入。そのあとは 遅刻の関西組もうおひとり待ちで、パラソルと椅子のあるコーナーでかき氷を食べつつ(またまたごちそうになりましたー)まったり。 無事に全員が合流してさらにのんびり。
奥のほうでは地車囃子が行われているのを聴きつつ、奉納落語会前の腹ごしらえということで、文枝一門の屋台の「文枝茶屋」の焼きうどん(しょうゆ味・半熟目玉焼きつき細うどん。うまうま)までごちそうになっちゃいました。
Pap_0014080907_2 この時、屋台には、来年(でしたっけ?)桂文三(ぶんざ)の名跡を継がれる桂つく枝さんがいらしたそうです。
また、この間に境内のスペースで落語家オリンピックが開かれていたのですが、アナウンスを聞くのみで、結局見ず。その後、昼の奉納落語会に行く3人と別れ、チケットが取れなかった関西組のおひとりとのんびり会場を散策しつつ、つく枝さんほかからサインをいただき、前日にもお会いしたご夫妻と再会して遠くから会釈。

時間がきたので、ご一緒してくださったかたに駅まで送っていただきました。お世話になりました~。

預けてた荷物を受け取りにホテルに戻るとき、 金曜日夜にもお世話になった大阪在住のお友達からまたまたいただきものをして、ちょっとだけ立ち話してさよなら。(ゆっくりできずごめんなさい)。

Pap_0010080907(←これは、私が「ひかり」に乗る前に撮った「レールスター」)
そんなこんなで無事に新幹線に乗車。みなさん、ありがとうございました。

と。「ひかり」が発車した直後に、めちゃくちゃな土砂降りに…!Pap_0009080907
いくたまさんにいらっしゃるみなさん、大丈夫かしら。どきどき。むー、なんとも自分にだけ都合のいい晴れ女ぶりでございますことよ。ちなみに京都以東はしばらくピーカン、だったのでした。

|

« 20080905-20080907関西行き。2日目後半。 | トップページ | 桂吉弥独演会@国立演芸場。20080907。 »

「旅行・地域」カテゴリの記事

「落語・古典芸能」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 20080905-20080907関西行き。2日目後半。 | トップページ | 桂吉弥独演会@国立演芸場。20080907。 »