« 桂吉弥独演会@国立演芸場。20080907。 | トップページ | 2008年1月6日、浅草演芸ホール初席(落語協会)第一部(途中まで)。 »

2008.10.06

2008年の落語を早々に振り返ってみる。2008年1月5日「志の輔らくごin PARCO 2008」。

[2008年の落語を早々に振り返ってみる。]シリーズ。その1。

なんだか全然更新できないので、今年(2008年)に拝見した落語を振り返ってみるってのを年末に向けて早々にやってみようかな、と。といっても番組表(出演順と演目を並べたもの)と、印象的だったことをちょこっと書く程度ですが。その合間に、なにか書くことが出てきたら、こそこそっと挟み込んでみます。また、吉弥さんの会など、一度書いているものもダブって書きますが、ご容赦ください。

で、今年の第1弾は「志の輔らくごin PARCO 2008」。風邪のため親元で寝正月を過ごし、やっと帰宅した翌日に行きました。

【20080105-01 PARCO劇場】
001-003立川志の輔「異議なし!」(新作)、
     
「ねずみ」「歓喜の歌」
(頭の数字は、通算の演目数。今後、すべて同様の予定)

「異議なし!」はこのときが初演の新作のようで、町内会の話し合いみたいな感じ…だった気がします(覚えてないんかいっ!)。
「ねずみ」は志の輔師独自の入れごとや説明があって、丁寧な印象。
「歓喜の歌」は、今回も実際にママさんコーラスのみなさんが待機していてラストで登場。これを見ると、なんだか涙が出ちゃうんですよねぇ。

|

« 桂吉弥独演会@国立演芸場。20080907。 | トップページ | 2008年1月6日、浅草演芸ホール初席(落語協会)第一部(途中まで)。 »

「落語・古典芸能」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 桂吉弥独演会@国立演芸場。20080907。 | トップページ | 2008年1月6日、浅草演芸ホール初席(落語協会)第一部(途中まで)。 »