« 「カネボウ freeplus」のCMソングがーーーー。 | トップページ | Twitterのタイムラインを転載してみます。 »

2009.02.06

2009年2月4日 春風亭昇太27周年記念落語会「感傷旅行」@本多劇場。

吉弥さん独演会の翌日は、昇太さん独演会。くしくもチケット発売が同日だったので、吉弥さんの会に一緒に行く予定だった友人と手分けして確保。私が昇太さん分の担当(笑)。でも、その時にいろいろあって、かなり後方席になってしまってがっかり。

で、前日に引き続き、定時ダッシュを…しようと思ったら、結局18時20分くらいまで会社を出られず、遅刻してしまいました

客席に入ると、すでに着物姿の昇太さんが舞台上でしゃべったり曲をかけたりしていました。たぶん私物であろう、古ーいステレオが、舞台上手端に用意されていました。注意事項とか1月の寄席などで使ったまくらのこととか、いろいろラフにおしゃべりしつつ、今回の会の趣旨などを。それによると、2004年11月にやった同名の会をそのまま再現したとのこと。着替えの間をつなぐのに、当時ゲストを呼ぶ経費を惜しんで(笑)手製のVTRを流していたため、今回も当時のものをそのまま流すということです。「いつもこんなことやってるわけではないんですが、今回は当時やったことをそのままやります」としきり強調していました。というのも、昇太さんの会に初めて来る、というお客さんが多かったからだそうです。あとは携帯電話の電源OFFお願いも。かなり強くおっしゃってましたが…なんとラスト近くにバイブを鳴らすバカモノがいました。さいあく…。

番組は(敬称略)
春風亭昇太 前説
「マキシム・ド・のん兵衛」(作・三遊亭白鳥)
「VTR 闘いの日々(だったかな?)」
「パパは黒人」
(仲入り)
「戦後史開封」
「VTR ミニドラマ(タイトル失念)」
「ハワイの雪」(作・柳家喬太郎)

当日配布された(事前配布もあったのでしょうか)チラシにすべてネタ出しされていました。それに気づいたのは、仲入りの時でしたが。

「マキシム・ド・のん兵衛」は、白鳥師以外にすでに何人かのかたが口演しているので、それを聴いたことがあります。その時には気づかなかったんですが、これは「青菜」なんですねえ。(遅いよっ)居酒屋のん兵衛の主人とばあちゃんの孫娘はチエ、店の常連は留吉。

「パパは黒人」は初聴き…だと思います。クリスマスに彼氏とデートする約束があると友達に言うと、彼氏を見たいと友人。困り果てた娘が、元柔道部だった父に相談すると…。回想シーンを表す「ぴろりろりーん」みたいな擬音と仕草に笑い、最後はちょっと「いい話」でほろりと。柔道シーンは、彦いち師が書きそうな印象です。

「戦後史開封」では師匠・柳昇師が戦争体験者だというまくらから。戦争時代の苦労を孫に聞かせようとするじいちゃんの話。マッカーサーのくすぐりとかも楽しく、孫相手にムキになるじいちゃんがなぜだかかわいらしい。

「ハワイの雪」は本家の通り、照明を落として。ラスト近くで、さらに落として。じいちゃんの名前が留吉、その幼なじみがチエちゃんでした。で、今まできょん師二つ目さんで何度か聴いているんですが…あれ、サゲってこうでしたっけ? んん?

合間のVTR、初めのは昇太さんが若き日々にテレビ出演した映像をつないで、ときどき文字でツッコミを入れているもの。
二番目のはミニドラマ仕立て。男性の出演者(昇太さん、彦いち師、圓丈一門のみなさんほか。もちろん圓丈師も。笑)は昇太さん私物のプロレスのマスクをかぶっての演技。昇太さんをなぐさめる男の彦いちさんだけは、すぐにわかりました(笑)。

|

« 「カネボウ freeplus」のCMソングがーーーー。 | トップページ | Twitterのタイムラインを転載してみます。 »

「落語・古典芸能」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「カネボウ freeplus」のCMソングがーーーー。 | トップページ | Twitterのタイムラインを転載してみます。 »