2008.06.06

ホントに今日も!

三谷幸喜監督、本当に今日も「めざましテレビ」に出てきてましたねぇ。しかもサブ(副調整室)にいて、その指示音声が入って、でもみんな平然としてて、みたいな演出つきで(笑)。

ついでに、お昼の「いいとも!」にも出てたし、明日の「めざましどようび」にも出ると宣言してました。今日・明日はいよいよCXジャックかしら??

| | コメント (2)

2008.06.05

『ザ・マジックアワー』の宣伝@テレビ。

三谷幸喜監督の映画『ザ・マジックアワー』がまもなく公開ということで、監督自らがあちこちのテレビ番組をジャックしまくっているそうですね。私は、基本的にあまり熱心にバラエティ番組を見ないもので、今まで一度も目撃していませんでした。

で、今朝。

いつも見ている「めざましテレビ」にもいよいよ登場。さすがにこれは目にしました。うーん、相変わらず人を食ったような(笑)表情でつかみどころがない感じ満々です。脚本作品はすきなんですが、ご本人のことは「子供、ほしいね」(古っ!)以来、ちょっと苦手にしています。なんとなく、なんですが無理してるようにうつってしまうんです。ご本人がどう考えてらっしゃるかなんて、もちろん私にはわからないんですけどね。今日のマジック披露とかも、タネばればれでしたし。ま、あれも計算ずくなんでしょうけど。

で、明日は佐藤浩市さんが「めざまし」に出るそうで、三谷さんも「じゃあ僕、明日も出ます」と宣言。…ホントかしら??(笑)

| | コメント (0)

2007.07.08

「カレッジ・オブ・ザ・ウィンド」東京公演、ブログライター取材企画・インタビュー編。

※「芝居編」はこちらから。

終演後は劇場隣の「シアターテラス」に場所を移して、ブログライター40人限定(実際はもう少し少なかったですね)による関係者インタビュー。毎回、演出担当のかたと、ここ数回は役者さんも登場して、われわれの質問に直接答えてくださいます。この日は、集合した時点で「写真撮影不可」(これまでは、「カレッジ〜」制作発表会見以外は写真撮影も録音もOKでした)とのお達しがありましたので、きっとヒロインの高部あいちゃんも来てくれるのだと確信しました。インタビュー中の写真は、オフィシャルのものをご提供いただきましたので、掲載させていただきます。

さて、いよいよ開始。まずは成井豊さんが登場、

さらに少し遅れて加藤昌史さんがカメラを持って登場しました。

加藤さんは写真を撮るのがメインで、「昨日のミニ・トークショーでしゃべりすぎたから」と、この日はあまり話してませんでしたね。

質問は(ネタバレを含むかもしれません。そして順不同)
あいちゃんの声の出し方について(このままでは嗄れるのでは?)
■ダンスシーンの変更点について。
■舞台美術は(初演・再演同様、今は亡くなってしまった)キヤマ晃二さんのプランのままだが、それは最初から決めていたのか?
■初演は当て書きだったから、再演・再々演では演出しづらかったのでは?

このあたりで、出演者の大内厚雄さん、高部あいちゃんが登場。

特に、あいちゃんの明るく充実した表情に心奪われました。

さらに質問は続きます。

■大内さんへ。ギャグは成井さんの指示で? それともご自分で?


■あいちゃんへ。「カレッジ」がキャラメルの代表作だと知ったときにプレッシャーは感じなかったか?

■あいちゃんへ。特に仲良くなった劇団員はいるか?
■あいちゃんへ。制作発表のときと比べて、表情に充実感が出ているが?
■あいちゃんへ。初日と二日目、違いは感じたか?

うーんと、まだあったと思うんですが、テープ起こしする時間と気力がありませんので、ごめんなさい。回答についても、ネタバレがあったりするので割愛します。

質問に回答してくださった成井さんや加藤さんのお話にも出ていたのですが、あいちゃんはとても頭の回転の速いひとで、われわれの質問にも的確に答えてくださいました。それに、終始笑みをたたえていて、心から今回の舞台を楽しんでいることがうかがえました。わずか18歳とは思えない、“人間力”のあるかただなあ、と感動していました。そのことがうかがい知れたのが、今回の大きな収穫でもありました。すばらしい機会に立ち会わせていただいたことに感謝いたします。

そして全員の集合写真を撮影していただいて、解散となりました。(集合写真の掲載は、ごめんなさい)

最後に反省を。私も二度質問してしまったのですが、質問するひととしないひとが偏ってしまいましたね。質問できなかったかた、ごめんなさい。

| | コメント (0)

2006.11.15

紀香ねーさん結婚! お相手は…。

ちょっとちょっとみなさん、聞きました!?
紀香ねーさんが結婚ですってよ!
お相手は………。ふうん。
やっぱりヤツは遠くに行っちゃってたんだねー、
藤本敏史(FUJIWARA)くん。

関西ローカルのスポット番組「藤原紀香の1ボトル」
月曜深夜に関東でも放送されて。
その時の二番目のゲストがFUJIWARAの藤本くんで
「59番目のプロポーズ」でのキスシーンの感想を
そんなふうに話してたんだけど、
それがまさか現実になっちゃうとは…。

えっと、ちなみに「藤原紀香の1ボトル」での
紀香ねーさんはめっちゃかわいかったんですよー
そりゃあもう、藤本くんが「マジ、惚れますよ」と
言っちゃうくらいに。
そして女子の私までめろめろになっちゃうくらい。
しょこたん風に言えばギザカワユス。
(でも“ギザ”は由来がわからないよ。“ギガ”はちゃんと理由があるけどさー)
だからさ、なんだかなー、なのです。(不満らしい)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.05.30

フジテレビのSPドラマ「ザ・ヒットパレード」。

先日放送された、フジテレビ系の「ザ・ヒットパレード」
ナベプロこと渡辺プロダクションの創始者・渡辺晋氏の半生と
昭和のテレビ界・芸能界の歴史を描いたドラマでした。

ですが、残念なことに、後編の録画を失敗してしまいました。
帰宅してあわててテレビのスイッチを入れたら、
晋さんはもう藍綬褒章を受けていて、その記念パーティーも終盤でした。涙。

とはいえ、実際に当時の「ザ・ヒットパレード」を見ていたわけではないので
登場する芸能人のみなさんのバリバリ活躍していた時代は
あまり知らなかったりするんですけどね。

その中で、印象に残ったかたが。
ハナ肇とクレージーキャッツで、谷啓さんを演じていたかた
他のかたはあまり“ものまね”はしていなかったんですが、
彼だけは、谷さんの特徴的なまばたき(いちいちしっかり目を閉じる)や
口の引き結びかたなんかもしっかりマネしていて、
すごくよかったなー、と。

調べてみたら、“我が家”というお笑い3人組のメンバーである
杉山裕之さんが演じてらしたそうです。
ご本人は「見た目で選ばれた」と(謙遜して)おっしゃってましたが、
さらに似せようとする姿がいいと思いました。

終戦後から昭和30〜40年代にかけてが中心の背景だったので
映画の「ALWAYS 三丁目の夕日」とかと雰囲気がカブりますが
(とはいっても、実は「ALWAYS〜」は観てなかったりして。汗)
この時代って、なんだかほのぼのしますよね。
前編しか見てないのですが、いいドラマだと思いました。

| | コメント (2) | トラックバック (3)

2004.11.30

今度の「オロナミンC」CMは、来年の大河とのタイアップ?

今度の「オロナミンC」CMは、
平安?時代が舞台らしく、歌詞も文語(古語)です。
で、上戸彩ちゃんが、今回「元気ハツラツぅ?」と聞くのは、
牛若丸@タッキー。
つまりは、来年のNHK大河ドラマ「義経」まんまなわけです。
さすがに弁慶はマツケン様ではなかったですが(笑)。

NHKがOKしたのか、ジャニーズ事務所が協力的なのか、
なんだかよくわかんないんですが、
まさかタッキーがキャスティングされるなんて!
ちょっとした衝撃ですわ。

ちなみに、リンク先のサイトには「最新CM」のコーナーがありますが、
現在“調整中”。
ネット上ということで、タッキーバージョンは
たぶん永遠に調整中になっちゃうんでしょうね。^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.10.12

マツキヨCMのユイカちゃん。

本仮屋ユイカちゃんのプロフに
「マツモトキヨシ セルフメディケーションCM」ってのがあって、
いつ出てるのかなー、と思ってたんですよ。

で、昨日ふっとテレビを見たらCMのラストで、
超アップになってるオンナノコがユイカちゃんじゃない?
と思って、マツキヨのサイトへ。<遅すぎ

いや、これ(女子高生篇)だったら何度も見てたって!
まだ垢抜けない感じなので、
ユイカちゃんだなんて気づかなかったよー。汗。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2004.08.28

いや、ホントに人気なんだって。堺さん。

以前も書きましたが、堺雅人さん、相当に認知度上がってます
今日も、職場の後輩ちゃん二人が、
「先週の『恋するハニカミ!』見ちゃいましたよー」
『新選組!』もこないだの回だけは見ました」
みたいに盛り上がってて。

ちなみに、後輩ちゃんのうちの一人は、勢いで(笑)
映画『ココニイルコト』 のビデオも借りちゃったそうです。
いやいや、あの堺さんもステキですよ、もちろん。
あの笑顔で「ま、ええんとちゃいますか」って言われたら。
きゃああああああ。
…すんません。関西弁萌えも入ってます。^^;

とりあえず落ち着け!<自分

で、そんな時につい「今度、堺さんが舞台に出るよ」と声をかけたら、
このコが目をきらーんっと光らせて私を見ました。
“一緒に行きます!”ってことらしい。
うーん、軽く言ってくれるなあ(笑)。
いや、がんばって取りますけどね、チケット。

で、チラシを見てみたら、グループ申し込みがあるんですね。
…10人かあ。
明治座や帝劇よりは条件は楽ですが、どうかなあ。
それに、席がどのへんになるかも、ちょっと気になりますよね。

グループ申し込みはおいとくとしても、翻訳劇ということもあるし、
チラシを見せて、再確認しないとね。

私としては堺さん以外にも
大竹しのぶ、吉田鋼太郎、津嘉山正種、西尾まり、と
好きな俳優さんが多いので、当然行く気満々ですが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.07.23

チェ・ジウ来日。

「冬のソナタ」 の人気女優、チェ・ジウが来日しましたね。
相変わらず韓流にはまったく興味がないんですが、
朝のワイドショーに出てたのを見てまして。

で、第一印象は「でかっ!」でした。
ペ(ヨン様)も180センチ以上あるので、
二人で並んでる分にはそんなに大きく見えないんですが、
われらが(え? ^^;)純様よりでっかいじゃないっすか。ひえー。

というか、最初に見て以来、東ちづるにしか見えないんですが。

いつか松尾スズキと東ちづるで、
「冬ソナ」のパロ、やってくれないかなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)