2008.04.10

あ。忘れてた。「エジソンの母」。そしてTV Station。

あ。忘れてました。今ごろ思い出しました。1-3月クールの連ドラで見ていたのに「エジソンの母」のこと、書いてなかったですわ。初回は「うーーーーむ」と思ったんですよね。で、なんとなく日テレドラマと勘違いしてまして、翌週うっかり見そびれて、確認したらTBS金10で。それからは地味に見続けてました。そしたら、だんだんに賢人の「どうして? どうして××なの?」という決めゼリフもなんだかいとしくなってきちゃったりして(笑)。杉田かおるのモンスターペアレンツ(母親のみ、ですが)ぶりもよかったし、谷原章介「エジソンの父になれなかった」っぷりも楽しいし(やや「ガリレオ」入ってましたけど)、伊東美咲以外は大人陣もよかったです。伊東美咲はどうもなあ(個人的な趣味に合わないというだけなんですけど)。脚本も大森美香さんだったし、さすがでございました。あと玲実ちゃん役の村中暖奈(むらなか・はるな)ちゃんは面立ちがなんとなく夏帆に似ているようで目が離せませんでした。あ。夏帆を呼び捨てすみません。なんだか「夏帆」はかほちゃんだとヘンな感じしちゃったので。

で、TV Station。隔週のテレビ誌ですね。ここで、いわゆる小劇場系中心の、脇でいい味出してる役者さんの特集をしてまして。その中では大きめに、写真と記事が載っていたのが加藤虎ノ介さんでした。そそ、「ちりとて」の四草ですわね。いやー、人気出ましたねえ。あの記事、小須田康人さんが載ってたんで、もうちょっとがんばれば(笑)近江谷太朗さんも載せられたんじゃないかしら? とか思ったりなんかしちゃったり。だって虎ノ介さん(奥田さん時代の、ね)とMOTHERのラスト公演で共演してるし。(なにが「だって」だかわからんわ!)

| | コメント (2)

2007.07.08

「カレッジ・オブ・ザ・ウィンド」東京公演、ブログライター取材企画・インタビュー編。

※「芝居編」はこちらから。

終演後は劇場隣の「シアターテラス」に場所を移して、ブログライター40人限定(実際はもう少し少なかったですね)による関係者インタビュー。毎回、演出担当のかたと、ここ数回は役者さんも登場して、われわれの質問に直接答えてくださいます。この日は、集合した時点で「写真撮影不可」(これまでは、「カレッジ〜」制作発表会見以外は写真撮影も録音もOKでした)とのお達しがありましたので、きっとヒロインの高部あいちゃんも来てくれるのだと確信しました。インタビュー中の写真は、オフィシャルのものをご提供いただきましたので、掲載させていただきます。

さて、いよいよ開始。まずは成井豊さんが登場、

さらに少し遅れて加藤昌史さんがカメラを持って登場しました。

加藤さんは写真を撮るのがメインで、「昨日のミニ・トークショーでしゃべりすぎたから」と、この日はあまり話してませんでしたね。

質問は(ネタバレを含むかもしれません。そして順不同)
あいちゃんの声の出し方について(このままでは嗄れるのでは?)
■ダンスシーンの変更点について。
■舞台美術は(初演・再演同様、今は亡くなってしまった)キヤマ晃二さんのプランのままだが、それは最初から決めていたのか?
■初演は当て書きだったから、再演・再々演では演出しづらかったのでは?

このあたりで、出演者の大内厚雄さん、高部あいちゃんが登場。

特に、あいちゃんの明るく充実した表情に心奪われました。

さらに質問は続きます。

■大内さんへ。ギャグは成井さんの指示で? それともご自分で?


■あいちゃんへ。「カレッジ」がキャラメルの代表作だと知ったときにプレッシャーは感じなかったか?

■あいちゃんへ。特に仲良くなった劇団員はいるか?
■あいちゃんへ。制作発表のときと比べて、表情に充実感が出ているが?
■あいちゃんへ。初日と二日目、違いは感じたか?

うーんと、まだあったと思うんですが、テープ起こしする時間と気力がありませんので、ごめんなさい。回答についても、ネタバレがあったりするので割愛します。

質問に回答してくださった成井さんや加藤さんのお話にも出ていたのですが、あいちゃんはとても頭の回転の速いひとで、われわれの質問にも的確に答えてくださいました。それに、終始笑みをたたえていて、心から今回の舞台を楽しんでいることがうかがえました。わずか18歳とは思えない、“人間力”のあるかただなあ、と感動していました。そのことがうかがい知れたのが、今回の大きな収穫でもありました。すばらしい機会に立ち会わせていただいたことに感謝いたします。

そして全員の集合写真を撮影していただいて、解散となりました。(集合写真の掲載は、ごめんなさい)

最後に反省を。私も二度質問してしまったのですが、質問するひととしないひとが偏ってしまいましたね。質問できなかったかた、ごめんなさい。

| | コメント (0)

2007.04.25

「ちりとてちん」に吉弥さんがっっっっ!!!!!

10月からのNHK朝ドラはBK(NHK大阪)制作で落語がテーマ。 タイトルは「ちりとてちん」。 ヒロインは貫地谷しほりちゃん。

というドラマのキャストが発表になったそうです。


和久井ちゃんも松重さんもキッチュ松尾さんもツボですが、 それよりなにより、吉弥さんですよ!  わたし的には、さっきまで観ていたきょん師(柳家喬太郎師匠) の高座も吹っ飛ぶ大ニュースでございますよ。

実はひそかに「本物の噺家さんがキャスティングされるなら 吉弥さんがいいなぁ」と思っていたので 予想が当たったような感じもあって、喜びもひとしおです。

うー。今度こそHDDレコーダーとテレビ買わなくちゃ。 (今ごろかっ)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007.02.26

「地獄八景‥浮世百景」のキャスティングで。

昨日、DVD「落語笑笑散歩~京都そぞろ歩き風流」
(案内役は、噺家・桂吉弥さん)を見ていて
初めて気づいたんですけど。
「地獄八景‥浮世百景」のキャスティングに関して。
キャスティングばれありです。ご注意を)



「地獄八景‥浮世百景」では、いくつかの役の中のひとつで、
山内圭哉さんが鞍馬山の天狗さまに扮するんですね。
で、鞍馬山の天狗さまがいる場所って
僧正ガ谷」らしいんです。
つか、鞍馬山の大天狗って「僧正坊」なんですって。

で。

山内さんといえば、“僧正”じゃないですか!

このキャスティングは、ねらってたりしますかねぇ(笑)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.12.15

た、達彦さん!!! じゃなくて福士くんが!

いやん、また出遅れてますか!?

来年11月に新橋演舞場で上演される、
仲間由紀恵ちゃん初座長公演「ナツひとり〜届かなかった手紙」
NHKで5夜連続放送されたドラマの原作「ハルとナツ」
(橋田壽賀子氏)をマキノノゾミ氏が演出するそうです。
で、そのニュースはマキノ氏のアシスタントも務める
劇作家・鈴木哲也氏(もぼさん)のブログ「もぼやき」
知ったわけですが、その時のリンク先では共演者情報は出てなくて。

今、たまたまYahoo!ニュースをうろついていたら
12日付けの記事(ソースはスポーツ報知)
で共演者の名前が。
ナレーションを森光子さん(マキノ氏演出の舞台「雪まろげ」主演、
ドラマでナツの姉・ハルの最晩年を演じてます)。
出演に生瀬勝久さん(わ、また仲間ちゃんと共演…なんどめだ!?)。
と思いながら読んでいたら、最後に

福士誠治(23)ら。

と。
きゃーー。達彦さん!!! じゃなくて
士くんが! 舞台ですよ、奥さん。
がんばってチケット取らなくっちゃ!
つか、誰か一緒に行きましょう〜!!!!!
(そんな先の話かよっ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.12.04

「字が違ってる…」。

いやあ、「武士の一分」、もんのすごい宣伝ですねぇ(笑)。
(ネット上でもちゃんとキムタクの写真を使ってますよ。これは珍しい!
まあ、でも主役だからここで出さないとまずいですものねー)

「笑っていいとも!」のテレフォンショッキングとか、占拠状態です。
金曜日がキムタク、今日が小林稔侍、明日が檀れいです。

で、電話をかけて檀さんが出た瞬間、小声で「字が、字が違う…」と言ってまして。
みんなはスルーしちゃってましたけど、
明日出るひとをモニタに名前と顔写真を表示するやつで、
が「」と“つち(土)へん”になってたんですよ。
檀れいさんは“き(木)へん”ですよねえ。
明日、檀さんはタモさんにそのこと言うかしら??(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.11.22

朝ドラのこととか。

昨日、福士誠治くんの話題を書いたら、
アクセス数がアップしました。すごいなー。

よし、これから毎日、意味なく福士くんの名前を出すか!
(ヨセ)

うそです。

えっと、NHK朝ドラのこと。
今は「芋たこなんきん」ですね。

初回がいきなり殴り合いのケンカのシーンで
「朝っぱらからうるさいドラマだなぁ」と閉口してたんです。
それに、過去の朝ドラヒロインを二人まで脇に使って
小西美帆ちゃん&田畑智子ちゃん)
どんだけぜいたくなんだー、と反感も持ってました。実は。

でも、子供時代のことを回想にしてたまに挿入する感じとか
(子供時代の町子役のコ、なんであんなに昭和のにおいを
させられる
んだーーーっ!? バリバリ平成のお子さんなのにっ)
結婚後の町子と健次郎さんが、毎日ゆったりと
お酒を飲んでいろいろ話している感じはいいですね。
という感じでだんだんハマりつつなきにしもあらず
(まだ認めてないのか!?)

過去の朝ドラ出演者といえば、美帆ちゃんとおんなじ
「やんちゃくれ」に出てた海部剛史くんが
ウルトライダー俳優役で今日、登場してましたね。
ついでだから、高田聖子ねーさんとか高杉亘アニキとか、
細見くんとか出ちゃえ!(むちゃ言うな)

えっと結論は、國村隼さんの株が上がったってことです。
(そんないきなりな)
WOWOW ドラマWの「CHiLDREN チルドレン」
國村さんはかなり情けない役だったんですよね。
しかも周囲が坂口憲二くんとか三浦春馬くんとか
背の高いコたちだったので
よけいにちんまり見えてしまって。
でも健次郎さんはなかなかかっこいいし気骨はあるし、
今は周囲が女性中心なので背も高く見えるし(笑)。
いやいや、役者やのぅ。(だから役者さんだし)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.11.21

た、達彦さん!?(違)

昨日の「のだめ」第6話を見て、次週予告を見ていたら
その中に達彦さん(違う、福士誠治くん)らしきひとが!

ぎゃぼー!

わーいわーい。
達彦さんならピアノ弾けるもんね〜。

…と思ったら。

千秋さまの新オケストラ(←のだめ風に長音記号なし)に誘うかもしれない、
清良が言っていたなんちゃら音大の“黒木くん”役らしいです。
あれ、“黒木くん”ってヴィオラだかなんだかで、
ピアノではなかったですよね。
だいたい、基本的にオケにピアノは入らないし…。
うーむ、そうきたかぁ。ヴィオラの彼かあ。
(別の芝居になってるし! しかもヴィオラって決めつけてるし!)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006.11.08

「こ」じゃなくて「子」で!

ごめんなさい。久しぶりの更新ですが、叫ばせていただきます。

松たか子ちゃんとちびまる子ちゃんは、
」じゃなくて、「」!!!!!!

もうもうもう、「こ」で書かれるととっても背中とおしりが
むずむずしてしょうがなくなるので、
きちんと変換してあげてくださいー。涙。

以上、勝手な叫びでした。失礼いたしました〜。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.10.18

ヘドウィグ役交代で三演目!

なんだそうですよ、奥さん!(誰!?)

三上博史がタイトルロールを演じたミュージカル
「ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ」が
来年、三度目の日本版上演なんだそうですが、
そのヘドウィグ役に、「新選組!」の歳こと山本耕史くんが
決まったそうです。

三上博史と違ってガタイがいい山本くんが
どんなヘドウィグを演るのかなあ。
リンク先にヘドウィグな山本くんが載ってて、
それはデコがどうかなぁ、という気もしますが、
役柄的にはそう問題ないでしょうね。
(鴻上さんとこでおねえな役もやってるし)

と書きつつ、観には行かない気がしますけど。
(身も蓋もない…)
あ、演出はスズカツさんだそうで。
実は私、スズカツさん演出は、そんなに相性がよくないのでした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)