2007.07.04

「橘蓮二写真集『高座』出版記念の会」。

橘蓮二氏による写真集『高座』の出版記念の落語会に行きました。豪華な顔付けに、『高座』1冊がいただける企画で、

一瞬どうしようかと迷ったんですが、やまだりよこ氏のメルマガ「週刊 落maga」にも後押しされまして、池田に行った日に一般発売だったので、現地でローソンを探してLoppiで無事に購入。かなり上手端でしたが、前方席で観ることができました。


それにしても、蓮二さんと二楽さんの「二」漢字じゃなくてカタカナの「ニ」になっているチケット、気になるなぁ(笑)。

国立劇場(小劇場だけでなく大劇場も)に入るのは初めてです。

国立演芸場なら、今年はかなり行ってるんですが。

当日は、落語会にあるまじき(笑)12時開演。噺家さんたちも若干眠そうでした。

番組は(ここのみ敬称略)
柳家三三「悋気の独楽」
林家彦いち「熱血怪談部」
柳貴家小雪《大神楽》
立川談春「文違い」
(中入り)
林家二楽《紙切り》桃太郎・あじさい・橘蓮二氏・思い出
立川志の輔「抜け雀」
橘蓮二氏ご挨拶(彦いち、小雪、談春、二楽、志の輔 再登場)

細かい感想などは、今回はなしで(すみません)。

それぞれの噺家さんが登場する前に、ステージ奥の屏風の間に設置されたスクリーンに、氏による“高座”の写真が映し出され、見入ってしまいます。実際に写真集には載っていない写真も披露されました。爆笑を誘ったのは彦いちさんの写真ですね〜。

志の輔さんの噺が終わり、そのまま氏を舞台上に呼び出して、氏の「ご挨拶」。その前に二楽さん?「にせペ・ヨンジュン」と紹介されていた通りのルックスで、笑いました。また、出番を終えた師匠たちも再登場三三さんは別のお仕事のためか欠席)彦いちさんや二楽さん(だったかな?)はカメラ持参で登場、逆に橘氏を撮影する一幕もあり。
橘氏いわく、写真家を辞めようとしていた時に“高座”と出会い、今まで仕事を続けることができたということで、演るひとも撮るひとも観るひとも、みんなが「ほぉっ」とため息をついてしまうような出会いがあっての結果なのだなぁ、と感動しました。
そして最後に三本締め。志の輔さんが、談春さんに音頭を取るように言ったことから若干の混乱がありましたが、結局志の輔さんが音頭を取っての三本締めで、無事終了でした。

そのあとお芝居を観に行って、そちらの熱にぼーっとうかされてしまい、ゆっくり写真集を拝見したのは翌日になってから。でもそれでよかったと思います。
いやぁ、見応えがありました。生の高座とはまた違った、橘氏が切り取った一瞬一瞬に、ふっと吸い込まれてしまう感じでした。

| | コメント (0)